国際ロータリー第2720地区 熊本・大分

ガバナーについて-メッセージ・プロフィール

地区スローガンと具体的な取組み

ガバナー 永田 壮一
地区スローガン

「ロータリーを奨励し、ロータリーを楽しもう」
(Encourage Rotary, Enjoy Rotary)

2017〜2018 RI会長 イアン H.S ライズリーはロータリーのテーマを「ROTARY: Making a Difference (ロータリー:変化をもたらす)」と決定しました。そして、その中で会長は「それぞれどのような方法で奉仕することを選んだとしても、その理由は、奉仕を通じて人びとの人生に変化をもたらせると信じているからです。」と謳っています。

その基調講演の中で、ロータリーの目指す三つの戦略的目標、すなわち「クラブのサポートと強化」「人道的奉仕の重点化と増加」「公共イメージと認知度の向上」について具体的な目標を設定しました。クラブのサポートと強化では、女性会員を増強し、40歳以下の次世代の会員を育成することをあげ、人道的奉仕の重点化と増加では、あと少しとなったポリオ撲滅を実行し、その他の人道的奉仕活動は持続的・継続的にRIがサポートします。また環境問題についても「Preserve Planet Earth」(地球保護)の立場から、2017年7月1日から2018年4月22日(アースディ:地球の日)までに一人のロータリアンが1本の木を植えることを提唱しました。そうすれば、世界で120万本の植林ができることになります。これは、公共イメージの向上にも繋がり奉仕活動の機会をクラブに提供することにもなります。こうした目標が達成されたクラブには「会長賞」の受賞資格が与えられます。達成状況が確認できるようにクラブは、ロータリークラブセントラル、ロータリーショウケース、ロータリーアイディア応援サイトを通じて情報を入力する必要があります。

国際協議会で世界中のガバナーエレクトと会う中で、ふと頭に浮かんだイメージがありました。それは、「ロータリーって実践すると楽しいんだ!」ということです。これまで、自らが、マッチング・グラント、グローバル補助金事業、青少年交換、国際交流などに携わり自己満足していたような気がします。ロータリアン一人一人が奉仕を実践し、すべてのロータリアンが同じ楽しみを共有できてこそロータリアン、ロータリークラブだと気付いた時でした。RI会長のテーマを実践するために、地区のスローガンを「ロータリーを奨励し、ロータリーを楽しもう(Encourage ROTARY, Enjoy ROTARY)」にしました。

RI第2720地区のロータリアンの皆さん、ロータリーを楽しみましょう!

国際ロータリーの大きな二つの方針は、会員増強と公共イメージの向上です。
また、将来のロータリーのあり方を考えると、地区、クラブにおいて戦略計画の立案の重要性が謳われています。
国際ロータリーは、これからもダイナミックな組織であり続け、世界中の地域社会に貢献していくために、

  1. クラブのサポートと強化
  2. 人道的奉仕活動の重点化と増加
  3. 公共イメージと認知度の向上

の三つの柱を戦略的優先項目として掲げています。
この考えに基づいて、2017〜2018 イアン H.S. ライズリー会長は、特に女性や若年者のロータリークラブへの入会を勧め、ダイナミックなクラブ運営を望まれています。

次年度のロータリーのテーマは ロータリー:変化をもたらす です。
ロータリーが多くの人々の生活・人生に変化をもたらし、そして、多くの地域や人々の生活が平和になる事によって、ロータリーに変化をもたらすことができるのです。今までロータリーは世界中に様々な変化をもたらして来ました。そしてこれから、ロータリアンと共に更なる高みへと登っていくものと信じています。

イアン H.S ライズリー会長のテーマのもと 2720地区の目標スローガンを 「ロータリーを奨励し、ロータリーを楽しもう(Encourage ROTARY, Enjoy ROTARY)」としました。
ロータリーはクラブで育んだ友情のもと、知識欲を満たし、利他の心を持ち、人生を謳歌することだと思います。みなさんと一緒に人生を謳歌できるようロータリーを楽しみましょう。

さて、次年度の国際ロータリー第2720地区は次の10項目の地区方針を掲げました。

クラブ目標
  1. 会員増強 女性/40歳以下の若い会員の各クラブ純増1名以上
  2. マイロータリーを通してロータリークラブ・セントラルへのアクセスを
  3. 戦略計画委員会の設置
  4. クラブ研修リーダーの設置 ロータリーリーダーシップ研究会への参加
  5. ロータリー財団・年次寄付10%
  6. グローバル補助金・地区補助金プロジェクトへの参加
  7. ポリオ撲滅運動への参加 募金活動など
  8. 会員基盤の強化 クラブ内ロータリー研修会の実施
  9. 青少年奉仕事業へ参加しましょう
  10. 会長賞にノミネートしましょう
ロータリアンの目標
  1. マイロータリーに登録しましょう 地区目標50%
  2. 奉仕活動に参加しましょう
  3. 各種セミナーに参加しましょう

今、国際ロータリーはダイナミックな転換点にあります。
この転換に向けて地区も大きく舵を切る必要があるでしょう。しかし、心配されているようなロータリーが、本来の目的から逸脱することは決してありません。5大奉仕の心理は些かも崩れることはありません。
みなさんと一緒に、考え行動し、未来に向けて歩いて行きましょう。

2017-18年度国際ロータリー第2720地区ガバナー
永田 壮一

ガバナープロフィール

氏 名
永田 壮一(Souichi Nagata)
所属クラブ
熊本城東ロータリークラブ
職業分類
内科医
生年月日
1951年(昭和26年)10月6日
勤務先
医療法人 永田会 東熊本病院 理事長
ロータリー歴
1994年9月
熊本城東ロータリークラブ入会
2005~2006
熊本城東ロータリークラブ幹事
2006~2007
2720地区国際奉仕委員長
2006年11月~2007年6月
熊本りんどうロータリークラブ特別代表
2006年11月~2007年6月
熊本りんどうロータリークラブ初代会長
2008~2009
熊本城東ロータリークラブ会長
2011~2012
RI第2720地区 地区幹事
2012~2013
地区クラブ管理運営部門部門長
2012~2015
RI第2720地区 ガバナー事務所事務局長
2013~2015
ロータリー財団資金管理委員長
2014~2015
地区研修副委員長
2015~2016
ガバナーノミニー・地区青少年交換委員長
2016~2017
ガバナーエレクト

財団メジャードナー(レベル2)
べネファクター
米山功労者(メジャードナー)
PHS

Copyright ©  ROTARY INTERNATIONAL DISTRICT 2720. All Rights Reserved.