大分第4グループ ガバナー公式訪問を終えて(大分中央)

2016年10月06日

大分中央RC
幹事 宇野 克英

 

議事録

日時 平成28年9月6日(火) 10:00~11:00
場所 オアシスタワーホテル3F
出席者 前田ガバナー、工藤ガバナー補佐、山崎地区副幹事、岡部会長、宇野幹事、隈田会長エレクト、緒方幹事エレクト
  1. 会員の動き

    大分中央RCの現在会員数は67名、今年度は20名の会員増を目標としている。予定に対しては、現在苦戦の色が見えるようにある。また退会者の退会理由については、様々な個々の理由が存在しており、仕事の都合、会社の事情などなど。クラブの文化を創造していき、退会防止および会員増強に力を入れていくことが重要。

  2. 会計について

    R財団の活用について。またクラブ報告書の中で会計報告箇所に不明瞭な部分がややある。収支のズレ等、記載の不明瞭な部分は修正が必要である。

  3. 奉仕活動について

    職業奉仕は会員企業を優先的に職場例会の会場にしてはどうか。卓話については外部講師卓話を年間9回実施する予定であり有意義な時間にしてほしい。また、職業奉仕委員長について職業奉仕とはというようなテーマについて卓話を行ってもらうのが望ましい。職業奉仕の概念等について、会員に周知徹底を図ってほしい。特に1月は職業奉仕月間になっており、タイミングとして選択することもできる。
    社会奉仕については、雇用促進のための学生就業支援等も参考例になる。
    またWCS活動はすでに廃止されているので、類似の活動は日本国内においては社会奉仕、台湾などの海外で実施すれば国際奉仕に相当する。
    さらに、大分中央RCはインターアクトの活動が素晴らしいので、ロータリアンと担当教師の熱意で更なる革新を。また高校生は3年間の活動なので飽くことはないが、ロータリアンの惰性化にも留意する。

  4. その他

    その他、ロータリーの友への積極的な投稿を。また米山奨学生の受け入れも検討してほしい。さらに戦略計画委員会等において10年後の大分中央RCの姿を計画的に検討していくのもよい。大分中央RCはホームクラブの出席率が著しく低く、ホームクラブの出席を重視し、70%を最低ライン目標にし、質を高めるために行うべきことをさらに検討してほしい。

以上

この記事にコメントする

【必須】
【必須】
【必須】 (公開されません。)

マイロータリー

国際ロータリー第2720地区
地区事務所

〒860-0807

熊本市中央区手取本町11番1号 銀染コア地下一階

TEL:096-312-2720

FAX:096-355-2720

ガバナー事務所
(2016~2017年度)

〒870-1151

大分市大字市551番地
(アンビシャス国際美容学校内)

TEL:097-542-0008

FAX:097-542-3434

第2720地区 Facebookページ
第2720地区 ローターアクト
Copyright ©  ROTARY INTERNATIONAL DISTRICT 2720. All Rights Reserved.