国際ロータリー第2720地区 熊本・大分

第2720地区について-2720地区各クラブ-大分臨海ロータリークラブ

大分第四グループ 大分臨海ロータリークラブ

クラブ公式ホームページ:
http://www.oita-rinkai-rc.net/
e-mail:
oita7rc@jasmine.ocn.ne.jp
クラブの特徴

わが大分臨海RCは、大分に進出した大企業と地場との接点となり、友愛と地域発展を目的に活動を しているが、近年の景気低迷の影響により、進出企業の退会が相次ぎ、ここ数年は会員増強に苦労 しながらも、本来のロータリー精神である奉仕と友愛、親睦の活動を地道に継続している。 当初からの友愛相談委員会、新聞少年表彰、親睦家族会、親睦旅行、テーブルごとの握手、夫人の 集い、親睦ゴルフコンペ、「大分いのちの電話」「おぎゃー献金」「青い羽根募金」への支援など継続して いる活動である。
2002年大分臨海創立30周年記念事業として3630地区韓国の北浦項RCとの姉妹クラブ締結。相互 訪問と会員子女のホームスティによる交流を続けている。 また、2003年インターアクトを結成(大分高等学校)、 青少年の育成に力を注いでいる。 その他、2003年より、食への感謝として例会食事前に「いただきます」の唱和運動、 2004年よりロータリーの意義について「ロータリアン豆知識」を月に一度パスト会長に披露していただく等クラブ奉仕、社会奉仕、職業奉仕、国際奉仕、新世代支援活動などに積極的にかかわり 大分臨海RCらしい活動から親睦と奉仕の楽しさを見出そうとしている。

沿革

大分臨海工業都市づくりの第一計画は漸く完成し、第二計画も順調なスタートを始め、新しい工場が次々に建設される運びとなった。こうした環境の中で大分臨海ロータリークラブの新クラブ創立の気運が高まってきた。 1969年に八田秋が、ガバナーノミニーの誕生を見るや創立の気運は急速に高まり、長野正特別代表が任命され、大分東クラブ協議会に於いて新クラブ創立の決議がされた。
1971年12月22日に創立第一回準備会がもたれ長野正特別代表、塚本直分区代理の援助と助言により12名の新クラブキーメンバーが決定した。
1972年1月12日創立第2回準備会に於いて名称・例会日・例会場・創立準備委員長など決定。
地域は鶴崎、大在、坂の市と佐賀関を含めた広域のクラブとして力強くうぶ声をあげた。
区域割の結果 大分RCより1名、大分東RCより11名と新会員16名計28名をチャーターメンバーとして1972年5月15日創立例会を開き初代会長に挟間正年、副会長河野不二人、幹事橋本一郎が選任され仮クラブとして発足。
そして1972年5月29日国際ロータリーに加盟承認された。

創立記念日 1972年5月15日
R・I承認日 1972年5月29日
認証状伝達式 1973年4月8日
スポンサークラブ 大分東ロータリークラブ
特別代表 長野 正
例会について
例会日毎週月曜日12時30分〜
(第3月曜日のみ18時30分〜)
例会場大分オアシスタワーホテル
区域限界

大分市全域、湯布院町を除く由布市全域。

姉妹クラブ
姉妹クラブ締結 第3630地区 北浦項ロータリークラブ 2002年5月15日締結
例会時間 月曜日 第1・3週 12:30〜13:30 第2・4週 18:30〜19:30
例会場所 ホテル ロイヤルシグナス
創立記念日 1989年12月11日
R・I承認式 1989年1月11日
TEL  054-232-1770
FAX 054-232-1771
HP http://www.pnrotary.or.kr

【姉妹クラブ 北浦項RCとの青少年交流】

レディース会など

「夫人の集い」:夫人の交流会 年2回
「大分臨海ゴルフ会」:ゴルフ会メンバーを募り、年4回のコンペ
「夫人同伴夜の例会」:年1回~2回

インターアクト・ローターアクトについて
ローターアクトクラブ 創立
1975年5月15日
認証日
1975年6月15日
解散
2000年6月30日
インターアクトクラブ
大分高等学校
創立
2003年5月15日
認証日
2003年5月15日
インターアクト生
男子6名女子4名 計10名
その他

クラブのホームページ開設 携帯からも閲覧できます。ぜひ、ご覧下さい。
アドレス:http://www.oita-rinkai-rc.net/

2720地区各クラブ 一覧へ戻る

Copyright ©  ROTARY INTERNATIONAL DISTRICT 2720. All Rights Reserved.